水道管の中を歩く

流れていく

肩がぶっ壊れてしまった

整骨院通いです。

 

今日は派遣会社の登録会に行ってきた。

結論から言うと週4の仕事はご紹介できないと思いますと言われてしまった。事務の仕事は週5を前提にしているところが多いうえに、そこの派遣会社自体がフルタイムで働きたい人をターゲットにしているそうだ。

そんな気はしていたが登録会が終わってビルを出たあとどっとガッカリが押し寄せてきて、寒いしカフェに入ってココアを飲んだ。メモを取るように持っていっていた去年の手帳の空きページに大きい文字であーあーあーあーとそのときのガッカリを書き出した。本当はなにがしたいのか分からなくなってくる。

 

せっかく街に出てきたので買い物をした。ビジネス的な場で使うボールペンやノートを持っていなかったなと思って文房具を買って、TUTAYAでCDを借りた。

文房具を買うために入ったお店はあんまりにも昔から通っているお店で、ああここで働こうかなぁと思った。事務の仕事を一度してみようと思っていたが出鼻をくじかれて悲しい。それなら小売で商品に関わる部署に入るほうが良いのではなどと思う。

そもそも派遣会社での仕事探しは早くてもヒト月前くらいから始めるものらしいので、もう少し考える。

 

家に帰って部屋の汚さに辟易して、収納を増やそうとカラーボックスを注文した。部屋に物を置きたくないからとにかく捨てるか床に置くかしていたが限界が来た。行商の商品もホコリがかぶらないようにしまわなければならないし、かつ取り出しやすくするとなると収納は必要だ。押し入れには漫画などしまっているけどそれもそのうち処分しよう。身軽に生きたいと思うけど、身軽すぎるとすぐ死にそうだ。

 

そういえば叔父が死んだのだった。直接の血の繋がりはない上に今回は姪と甥の序列は参加免除となっているので、葬式には行かない。好きでも嫌いでもない叔父だったが人が死ぬとその周りはざわつくから、こちらに飛び火しないと良い。うまいこと死んだあとをまとめるのも人間の技量なのかもしれないな、などと思う。

 

さあて、また描くぞ。