読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水道管の中を歩く

流れていく

大晦日

昨日は頭がぼわぼわしてしまって何事にも集中できない日だった。

 

忘年会の予定があったのだけど、飼っている文鳥が卵を産みそうだったので様子を見ていたかったのと体調が悪くドタキャンした。申し訳ない。

体調がすこぶる良い日と悪い日が短期的に交互にくるのが最近続いている。とにかく頭がぼわぼわしてしんどい。友人には脳貧血では?と言われていて頭に血を登らせたら治らないかと逆立ちをしてみたりした。こういう頭の悪い方法で体調をなんとかしようとするところは昔から変わらないなと思う。

 

年末になると正月のことを考えてしまって憂鬱になる。私は一昨年の冬から完全に親戚づきあいというのを放棄したのだが、放棄したことに罪悪感をまだ持ってしまっている。自分の選択を誇れないのは悲しい。親戚づきあいを放棄したので、基本的に正月は家でダラっとするかバイトに出かける。去年はやることがなくて死にそうだったが、今年はバイトに行けば人と話す機会もあるしお金ももらえるしとても良い。

ネットを見ているとやはり正月の親戚づきあいに早々と怯えていたり憂鬱になっていたりする人がたくさんいる。みんな嫌だけど我慢してやっているんだな。私は逃げてしまったけど良かったのかな。そういうことを考えてしまう。我慢ができるのはとてもすごいことに思える。昔から我慢ができない。我慢しようとすると吐いたりしてしまう。ワガママであると思われているだろう。

でもワガママだと私を断じて責めるお前がまずワガママな振る舞いをしているぞ、と思う。ひたすらに寛容にしてくれていれば私も縁を切るようなことはしなかった。そう思って自分の正当性を主張しなければ元気でいられない程度には、年末から正月にかけては憂鬱だ。

 

早く社会の正月ムードが終わって、夏になってほしい。夏になったら鎌倉に行く。そういう約束をしている。日常は続いて行く。苦しいのはいつか終わるから大丈夫。

今日は漫画を描きつつ少しだけ部屋の掃除をして、夜は大好きなアイドルをテレビで見る。