水道管の中を歩く

流れていく

好きな人を追い求めて

 

去年の4月の終わりにtwiiterで知り合った方からNEWSをオススメされた。

NEWSというのは報道とか新聞のことではなくて、ジャニーズ事務所所属のアイドルです。オススメされた動画を見て「いいかも」と感想なんかつぶやいていたら、その方が「ぜひコンサートの映像も見てほしい」とBlu-rayを貸してくださった。

 これです。

『美しい恋にするよ』というコンサート名から漂う彼氏感(笑)とか気になるとは思うけど違うんです。本当にこれがすばらしいんです。

 

何も知らず私はこのコンサートを見て、ひたすらに一生懸命にステージに立って歌い、笑い、泣き、「幸せだ!」「美しい恋しよう!」と言うメンバーに心動かされたのでした。

アイドルの人生は他人に期待されてその期待に応えようとする道のりのように思います。一般人よりも強烈に目を意識する。いつもきれいでかっこよくいなきゃいけない、トークも面白くスマートにこなせて、踊りはもちろん、歌も下手だとか叩かれてもとにかく笑顔で歌う。いろんな人の色眼鏡で見られてどれが正解だか分かんなくならないんだろうかって思う。

NEWSを好きになってからほかのジャニーズアイドルも気になっていろいろ見てるけど、やっぱりそういうのはすごく気になる。自我とは、自分とは、他人とは、アイドルを見てるとそういうことを考えさせられる。

 

そのあたりのことは書きたいんだけどまたの機会にします。とにかく私はNEWSを好きになって人生初のことをいろいろ経験しました。ファミクラ(ファンクラブのこと)に入ったり、有料携帯サイトに登録したり、CDを初回限定盤A・Bと二種類買ったり、アイドル雑誌を買ったり、担当のメンバーが左手薬指だけにネイルをしているのを見て動揺して落ち込んだり。

そして2015年に入って待望のツアーが発表され、涙あり笑いありのチケット争奪戦のなか初めてのコンサートに行ける権利を得たのです。

 

f:id:ark_tmr:20150515115347j:plain

まずうちわ作った。

吉祥寺のダイソーで黒いうちわ買いました。いまやダイソーにアイドル応援グッズコーナーがあることを初めて知った。カラーシートはユザワヤで。自分の好みで蛍光シートを使わないで作ったんですけど多分ものすごく視認性が悪いです。(アイドル側からの。とても重要)

 

f:id:ark_tmr:20150515115710j:plain

NEWSカラーのブレスレット作った。

アイドルにはメンバーカラーというのが設定されてることが多いのでそれをモチーフにグッズを集めだします。私は担当が増田さんなので黄色のものを集めまくっています。友達のお母様がこの日のためにネックレスを作ってくれてすごいうれしくて、自分でもと思って作ってつけていきました。

 

https://instagram.com/p/1CIWewSCCf/

はやぶさ乗った。

生まれて初めて1人で新幹線乗りました。緊張してたけど普通の電車に乗るのと何も変わりなかった。仙台に近づくにつれ遠くの山に雪が残ってるのが見えてきて遠くに来たって感じがした。

 

f:id:ark_tmr:20150515115302j:plain

仙台!

 

そう仙台行ったんですよね。アイドルのために。新幹線で。初のコンサートで遠征することになるとは思ってなかったんですが、チケットが取れないこともあると聞いて絶対行きたいからと比較的競争率の少ない地方を申し込んでいたのですが、仙台が当たりました。本当にうれしかった。

 

f:id:ark_tmr:20150515115159j:plain

同志のみなさん。

東京から新幹線乗る時点でNEWSグッズ持った人と同じ車両だったりで、仙台駅から会場までも同志が大勢いるので道に迷うことがありませんでした。今回のツアータイトルが『white』なので白いワンピース率がものすごく高い。そこに担当のカラーを指し色してる。

 

f:id:ark_tmr:20150515115233j:plain

 ここが~~~ここがよ~~~

会場でグッズを買うのに早めに到着したんですけど、グッズ待機列がゼロだったので2時間か3時間ボーっとしてました。

入念にメイクを直す子とか、グッズのパンフレットを一心不乱に読み込んでる子とか、ツアーTシャツに着替えるためのトイレの長蛇の列とか。コンサートならではの風景を見てるのは楽しい。服装を見て誰の担当か推測する遊びを延々してました。ゆべし食べたり。

 

それでさぁ開演つってね。

コンサートの感想はまだツアーが続いていてネタバレになるので書きませんが、ほんっとうに素晴らしかった・・・。アイドルが、言ってしまえば好きな人が100m先にいることに感動して、歌って踊って笑って手を振ってピースして、それだけでこんなに幸せになるのかよ。

 

帰りは深夜バスに乗って東京に帰りました。

 

余談

  • 途中で「今だれかが走って抱きつきに行っても止める人いないじゃん・・・」とか不安になりました。

アイドルってものすごい数の人々に愛や情熱や好意や嫉妬や嫌悪やら向けられてるのにあんなに丸腰で1万人とかの前で歌ってるのすごすぎる。エンターテイナーって丸腰で戦ってるんですよね。それをすごい痛感しました。もはや非暴力・不服従の教えですよね。愛に対して肯定も否定もしない粛々と歌って踊って笑ってくれる、サイコーかよ・・・。

 

  • 終演後にシャトルバスを予約していたので駐車場沿いの列に並んで待っていると、4~50代のおじさんたちが携帯片手にじっと会場から出てくる女の子の群れを見つめていました。

「なんだろう?」と思っていたのですが携帯で話す声を聞いていたら分かりました。娘さんを待っている父親や祖父の方たちでした。「ゆき、おまえどこにいるんだ」「お父さんはだから、駐車場の入口だ」「楽しかったのか、そうか」それぞれがぽつぽつ話している声が聞こえてきてジーンとなりました。アイドルに恋してる娘を応援するお父さんたちかっこいいなぁ。

 

シャトルバスを待つ間ふと空をみると月が不自然に欠けていて、恐ろしく思ったのですがtwitter見てたら皆既月食だと知りました。初めてのコンサートの記念日が特別に思える。しかも仙台は東京より暗いからか星がよく見えて、空を見ながら特別な一日を思ってジーンとしました。良い日だ。

 

 思い出したら追記するかも